ATMの利用手数料に要注意!利息が上乗せされる問題!

銀行や消費者金融のカードローンは、今や提携ATMが増え、借り入れ方法は充実しています。また、追加返済も手軽に行うことも可能です。しかし、提携ATMを利用すると一度金融機関を経由することになり、利用手数料も掛かってしまいます。

特にコンビニATMを利用した場合、ATMの利用手数料はカードローンの利用残高に加算され、利息も発生してしまいます。金利自体は108円や216円という利用手数料に対して少ないものの、利用頻度が増えるほど見過ごせない負担となります。

また、追加返済の場合でも返済する金額から利用手数料分が差し引かれ借入先への返済が行われるため、実際には返済額が減ってしまいます。そのため、提携ATMを利用することは必要最小限に抑え、返済負担を減らすのがおすすめです。