消費者金融の審査を受ける場合に大事なこと

消費者金融に申し込むと、申告内容などにもとづいた審査が行われます。

この審査に通らなければ、契約して、借り入れを受けることはできません。

しかし、中には、審査を有利に進めようと、年収を実際より多く書いたり、他社借り入れ額を少なく書いたりする人がいます。

もし審査に通過したいのならば、これらの行為は逆効果です。

消費者金融では業種ごとの年収なども把握しています。

また、他社借り入れ額については、信用保証機関に照会を行うため正確な金額が把握されてしまいます。

そのため、虚偽の情報を書いても何のメリットはありません。

それだけでなく、心証が悪くなり、審査に落ちてしまう可能性のほうが高くなります。

消費者金融に申し込みを行う場合は、正しい金額で申告を行いましょう。