消費者金融の金利は最高金利に注目してください

一般的な消費者金融の金利は年利4.0~18.0%のような形で提示されています。これだけを見ると、この間をとって10%くらいかな?などと考えてしまうかも知れませんが、それは大きな間違いです。

カードローンの金利は、100万円未満の限度額での契約では原則的に提示されている範囲の最高金利が適用されます。よって、上記の場合は18%になり、限度額が100万円以上で契約を行うことはそう多くはない為、最低金利の4.0%の部分はほとんど気にする必要はありません。

例えば最高融資金額が500万円で金利が年利4.0~18.0%の場合、4.0%の金利になるのは最高の500万円の限度額で契約を行った場合だけです。100万円未満の契約ではまず18.0%で、100万円以上になって初めて15%程度に、300万円以上でやっと10%を切るという具合です。カードローンの利用の多くは100万円未満の契約なので、実質的には最高金利だけを気にしておけばいいのです。

カードローンの中には年利2.0~18.0.%といった、いかにも低金利に見えるものもありますが、最高金利が18%である以上、金利に関しては他のカードローンと変わるものでもありません。最低金利の数字に惑わされないように気を付けてください。大切なのは最高金利なのです。