国内に数多く設置されている自動契約機でキャッシングを申し込む

日本では、昔から消費者金融会社の自動契約機が繁華街や駅周辺を中心に多数設置されていました。銀行などと比較して、有人店舗が少ない消費者金融会社は、自動契約機を各所に設置する事で、消費者のニーズに応えてきました。その為、Web申込みの利用が増加してきた現在でも、消費者は自動契約機を使った申込みをするケースが多いです。

自動契約機のシステムは、各消費者金融会社によって異なっていますが、近年ではタッチパネル方式が採用されているケースが多く、かつてのシステムよりも操作性が向上しており、申込みの仕方も審査センターのスタッフとテレビ電話を通して会話をしながら進めていく事が出来ます。ユーザーが用意しておくべき物としては、本人確認書類であり、これと在籍確認によって、申込みをしているのが本人である事を確認しますので、とても重要です。