カードローンの契約と利用に関する色々な豆知識

カードローンは年金受給者でも、仕事をしている場合なら契約できます。仕事は正社員ではなく、アルバイトやパートでも構わないです。定期的に働いて収入を得ていると見てくれるので、審査も問題なく通ります。借入れの限度は20万ほどが最高になりますが、主に生活費に充てると思われるので問題ないでしょう。

金融会社の中には、年金受給者というだけでカードローンの契約をできる所もありますが、数はそれほど多くないです。普通に探すのは難しいので、ネットで調べた方が楽かもしれません。あと、申込んで審査が通過した時は、限度額が10万に設定されます。

高額なお金を借りたい時は、消費者金融よりも銀行の方が若干ですが金利面で有利です。3%辺りが限度に対し銀行は2%台で借りられる所があるからです。この差は大きいので、長期的にお金を借りたい際は銀行を選んだ方がお得かもしれません。ただ、短期的な場合は消費者金融の方に分があります。1ヶ月内に返済すれば、無利息で済む仕組みを導入している所が多いからです。

どちらの方が得かについては、借りようと考えている人の状況次第と言えます。車や不動産を購入したい場合は銀行、月末までの生活費を借りたいなら消費者金融と使い分けると良いでしょう。