キャッシング返済の極意はなるべく早く返済してしまうこと

キャッシングを利用する際にはほぼすべての利用者が金利を気にするはずです。しかし、早く返済することで利息額が大幅に減額されることを考えていない人が多い感じます。

よく考えてみれば単純な理屈ですが、3ヶ月かかって返済するのと1ヶ月で返済するのを比べてみれば利息額はだいたい三分の一になることは明らかです。それに比べると金融機関では利息制限法によって上限利息が決められていることなどから、金融機関によって適用金利が三分の一になることなどほぼありえません。

それどころか、半分になることもないでしょう。つまり、返済を早くすることは金利の高低よりももっと効果が高いのです。可能なだけの努力をもってキャッシングの返済は早くするのが自分のためなのです。