総量規制の対象外となるのはどんなとき?

貸金業法では総量規制といい、年収の3分の1までしか借入れできないという規制があります。貸金業者が50万円以上の貸し付けを行うとき、または他の貸金業者との借り入れの合計が100万円を超える貸し付けを行うときには、収入を明らかにする書類の提出を求められます。

書類を確認し、年収の3分の1を超えていないかを確認されます。しかし、総量規制には例外があります。例外はどういう場合かというと、不動産購入時や自動車購入時などの自動車担保貸し付けなどが当てはまります。貸し付けとしての残高があっても、総量規制の残高として計上されません。住宅ローン・マイカーローンの残高があっても、カードローンの残高とは別のものと考えられますので、ご安心ください。